森雅之 『水の夢』

・ビール1缶で4時間の夜寝。週末は相当に疲れが 出てしまうのか。 水の夢 (Fantasy comics) 作者: 森雅之 出版社/メーカー: 偕成社 発売日: 1994/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る ・森雅之 『水の夢』(偕成社)を読む。 ・満天の星…

卯月妙子 『人間仮免中つづき』

・NHKBS「始発物語」とか最近個人をさらしているテレビ 番組が多いけど、何時に働きにでているとか、何人家族で 住んでいるとか、個人情報を顔入りでばらしちゃって 大丈夫なのだろうか。それにしても企画が安易だな。 電車の始発駅で待ち構えてマイク向けて…

近藤ようこ 『帰る場所』

・久しぶりに近藤ようこ。やまだ紫、杉浦日向子、近藤ようこで ガロ三人娘。そんなことを知っているひとも少ないだろうな。 帰る場所 (ビームコミックス) 作者: 近藤ようこ 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/02/25 メディア: コミック この商品を含む…

感謝還暦

・還暦を迎えました。 ・赤ん坊のころは大腸カタルや猩紅熱など患ってカラダの 弱い子供でした。近所の新興宗教のひとに、 「この子は死相が出ているからうちの宗教に入りなさい」 なんて言われたらしい。 ・でも小学校に入るころからほとんど病気もせず、こ…

沢村貞子 『貝のうた』

・あれは沢村貞子のなんの本だったか。 女は「女らしくしなさい」と言われたら、おとなしく していればよいが、男は「男らしくしなさい」と言われれば、 なにか行動しなくてはいけない。 ・この文章を読んだときなるほどなあ、と。 * ・沢村貞子 『貝のうた…

本の紹介

・武藤良子『銭湯断片日記』(亀鳴屋) イラストレーターというより画家といったほうがあってるかも、 武藤良子さんのブログが本になった。500ページを超える大作。 わたしは風呂上りにちびちびと読んでいます。購入は亀鳴屋サイトから。 亀鳴屋 kamenakuya.…

宇田智子 『本屋になりたい』

本屋になりたい: この島の本を売る (ちくまプリマー新書) 作者: 宇田智子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2015/06/08 メディア: 新書 この商品を含むブログ (19件) を見る ・いまごろになってこの本を読むなんて申し訳ない。 ・あれはいつだったのか、不…

石ノ森章太郎 『章説 トキワ荘の青春』

・石ノ森章太郎 『章説 トキワ荘の青春』を読了。 トキワ荘に石ノ森が引っ越してくるときに赤塚がリヤカーを 押す。やっぱいいなあ赤塚。石ノ森の食事を作ったり、アシスタント したり献身的な若き日の赤塚が見えてくる。 ・赤塚不二夫『笑わずに生きるなん…

あまりじゃないか!

・昨夜7時のNHKニュースで「平成の最後になにを食べるか」 なんてやっていて、ほかに伝えるべきニュースがあるだろうと いかっていた。朝刊のテレビ欄みてびっくりしました。 民放はまだしもNHK総合。きょうはテレビ見るのお休みします!

横山秀夫 『ノースライト』

・いくつもの点と点が線になってつながって物語が 見えてくるのは小説としてはあたりまえなのかも しれないが、それにしてもひとつひとつのキーワード のふくらませかたが見事。それに加えてこれでもかこれでもか と加速する展開。 ・水玉ちゃんにススメても…

神社のこと

・山歩きで通る神社にいつのまにか常設の輪くぐりができている。 ここだけではないがどこに行ってもお守りが多種多様に増えたし、 おみやげコーナーまでできたところもある。神社がパワースポットと 呼ばれるようになってから変わってきたように思う。

大崎善生 『聖の青春』

・ほんといまの内閣「ふろやのおけ内閣」ですね。 ・さて、年末から将棋に関する本ばかり読んでいます。 河口俊彦『大山康晴の晩節』(ちくま文庫) 升田幸三『勝負』(中公文庫) 瀬川晶司『なきむししょったんの奇跡』(講談社) 大山康晴『昭和将棋史』(…

本田靖春 『誘拐』

・ことしは冬が暖かかった。外水道がいつもなんどかは凍るのだがことしは一度も凍る ことがなかった。その分といったらなんだが春が寒いように思うのはわたしだけだろ うか。 ・学生のころ本多勝一と並ぶジャーナリストが本田靖春だった。けれど著書は読んで…

神蔵美子 『たまもの』

・ムネがきりきりなるよう。ついをなすであろう夫の末井昭『自殺』や 『結婚』を読んでも、そんな気持ちにはならなかった。文章といっしょに 写真も入ってくるから感情移入してしまうのだろう。この本は年末に 信天翁で購入。これもそうだが信天翁の多くの本…

辺野古の映像

・いじめでキズついた子どもたち、低賃金、長時間労働で 非正規をしいられて仕事を辞めていく若者。そこには パワハラやセクハラもからんでいる。ひとり親の子育て などなど手を差し伸べて支援していかなくてはならないことが 山積みなのに。あの辺野古の海…

テレビ番組

・NHK「始発物語」とか、テレビ朝日「ポツンと一軒家」など、 最近個人をさらしているテレビ番組が多いけど。何時に働きにでてるとか、 何人家族で住んでいるとか個人情報を顔入りでばらしちゃって大丈夫なのだろうか。 心配してしまうのはわたしだけ。それ…

瀬川晶司 『泣き虫しょったんの奇跡』

・最近読んだ本のなかでダントツにおもしろかった! 一度は断念したプロの将棋指しの道を鉄の掟に挑戦して夢を実現させた自伝。 ・この本を原作とした映画を観ていたからないようはわかっていたが、それにしても 一気に読んでしまった。この人文才あるなあ。…

半藤一利 『山県有朋』

・お正月にBSで明治天皇の皇后の番組があった。明治天皇はあだ名を つけるのを得意としていたという。 ・山県有朋のあだ名はキリギリス。 山県有朋 (ちくま文庫) 作者: 半藤一利 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2009/12/09 メディア: 文庫 クリック: 11…

はてなダイアリーからはてなブログに移行しました。

はてなダイアリーからはてなブログに移行しました。 ボチボチやっていきます。

2018年をふりかえる

・そうか西荻窪戎南口店のコの字カウンターがなくなって もう一年になるのか。あれから北口店に1回行ったきり だなあ。う〜ん、時間が経つのは早い。 ・映画はほとんど深谷シネマで観ていたな。いままでは 東京まで行って単館ロードショーが多かったけど。…

時実新子 『悪女の玉手箱』

・図書館で借りてきた、久しぶりの時実新子。面白い本 は多々ありますが、この本はそのなかでも愉快で楽しい本です。 自分でもほらふきと言っていますが、どこまでが本当でなにが 嘘なのかわからないエッセイ。 ・駅で買った天津甘栗のはなしが出てきますが…

吉田篤弘 『京都で考えた』

・Twitterで詩に関するイベント情報が流れていて、詩の 好きな友人の顔が浮かんできたので、DMで教えてあげた。 ・そしたら「そのイベントの主催しています。 いまてんやわんやです」と返事がきた。 ・そりゃそうだよな。 * ・吉田篤弘 『京都で考えた』(…

岸正彦 『はじめての沖縄』

・このブログ、「はてなダイアリー」なんだけど来年の春に なくなっちゃうんですね。「はてなブログ」に移行してください ってメールがくるらしいんだけどわたしのところには着てないなあ。 ・まあ、どこかのタイミングで移行します。これからもどうぞご贔屓…

平野啓一郎 『ある男』

・5//19に川口ブックマーケットに参加しました。 いやあ、あの晴れ続きの川口は今回は金山会館かと 思われましたが、どっこい川口神社の境内は乾いて おり無事に予定どおりの開催となりました。 ・行田駅8:54の高崎線→川口には10時前→川口神社到着 →3年ぶり…

第6回 川口ブックマーケットに参加します

・本のやまをからになるまで売りたい「やまがら文庫」です。 楽しく参加できればよいなあ。 #川口ブックマーケット 川口ブックマーケット 事前登録した「店主さん」が決められたスペースでの古本を 販売する古本市です。誰でも気軽に「店主」になれる古本市…

一箱古本市は終了しました!

・いやあ、年に一度のお祭りが終わってしまった。 ことしはいくつかの事前準備に参加できず、まあ いなくてもうまくいくんだけど。 ・ことしの感想をひとことでいうと「老い」ですね。 自分自身の疲れは半端なかった。年々、ひどくは なってきてはいたが。そ…

第20回 不忍ブックストリート一箱古本市

・いよいよ今度の日曜日! 第20回 不忍ブックストリート一箱古本市 * 14年目となった不忍ブックストリートの一箱古本市。今回も谷根千エリアのさまざまな場所に56箱の店主さんが出店します。谷中・根津・千駄木のお店の軒先をお借りして、一人一箱分の古本を…

第20回一箱古本市

・不忍ブックストリートの一箱古本市は20回目になります。 長いのかはたまた短かったか。よくわかりませんが。 ・ことしは4/29(日)開催です。店主の募集が明日です。 こちらが募集要項です。 しのばずくん便り http://d.hatena.ne.jp/shinobazukun/2018022…

桐野作人 『龍馬暗殺』

・昨日は、不忍ブックストリートの助っ人さん 顔合わせ会でした。30人近くの方に集まって いただきました。ことしはリピーターの方が 多くうれしい限りです。一箱古本市のことに ついては改めてこのブログに書きます。 * ・歴史ものが読みたいと思い、ある…

藤木TDC 『場末の酒場、ひとり飲み』

・二日酔いである。土曜日にいつものodaiba氏と湯島「岩手屋」。 いやあ、いい店でした。食べたものすべて美味しかった。 おすすめっをお聞きして、なままつもを酢醤油で。これがね、 さっぱりしていてくせがなくて、それなのにつまみにぴったり。 ・ふきの…