宇田智子 『本屋になりたい』

 

本屋になりたい: この島の本を売る (ちくまプリマー新書)

本屋になりたい: この島の本を売る (ちくまプリマー新書)

 

 

・いまごろになってこの本を読むなんて申し訳ない。

・あれはいつだったのか、不忍の一箱古本市の時だったか。

 古書ほうろうで豆ちゃんから「こんど那覇で古本屋を

 はじめる宇田さんです」と紹介されたことがある。本人を前にして

 「へえー、凄えなあ」と思わず口に出してしまった。

・この本を読むと宇田さんの決意がわかる。古本屋をはじめるに

 あたっていろいろなことをひとつひとつ丹念に考えて行動して、

 市場のひとや同業の沖縄の古本屋さん、お客さんの輪を広げていく。

 うらやましいなあと思う。

                *

・この本にもふれているが「市場の古本屋 ウララ」の前にある第一牧志

 公設市場の建て替え工事が6/17からはじまる。ウララと市場の通りは

 アーケードになっている。いまそのアーケードを残すのかどうなのか、

 解決にいたっていないようだ。アーケードがなくなるとどうなるのか。

 いまのままでウララはやっていけないのではないか。強い日差しや台風

 にさらされて。

・「市場中央通りアーケード協議会」が立ち上げて、アーケードの再整備 

 を目指していくようだ。興味のある方はTwitterで @arcadegwa

               *

・それに伴い音の台所さんが市場のねこを題材にしたリトグラフ展を

 東京明大前の七月堂古書部とウララで開催します。

oto-kitchen.comoto-kitchen.com

・20年ほど前になるか那覇にはじめて行ったのは。強烈に印象に残った

 場所が、壺屋通り、那覇バスターミナル、そして牧志第一公設市場。

 壺屋通りの裏道に雰囲気のよい古い赤瓦の家があったのだが、その後

 なくなってしまったのかいくら歩いてもあの風景を見つけることができない。

 ゆいレールの旭橋で降りてあの歩道橋を渡ったら那覇バスターミナルが

 なかった衝撃。それに牧志第一公設市場まで。

・築地もしかりだが、いちどあの密度の高い市場の雰囲気をなくしてしまったら 

 再現は絶対にできない。何年かさきに牧志第一公設市場はもどってきたとしても。

・どことは書かないが立て替えて観光地で港町でありながらさびれて

 しまった市場がある。 なんで観光に活かせなかったのか、行政の怠慢だよ。

 


 

 

 

石ノ森章太郎 『章説 トキワ荘の青春』

f:id:heno3ban:20190502075643j:plain

石ノ森章太郎 『章説 トキワ荘の青春』を読了。

 トキワ荘に石ノ森が引っ越してくるときに赤塚がリヤカーを

 押す。やっぱいいなあ赤塚。石ノ森の食事を作ったり、アシスタント

 したり献身的な若き日の赤塚が見えてくる。

赤塚不二夫『笑わずに生きるなんて』。

 

 赤塚不二夫は二人いる。泣いている赤塚と笑っている赤塚。

 

・このことばからはじまる。この本もこれから読むのだが楽しみ。赤塚の文章は

 長谷邦夫が代筆していたといわれている。

藤子不二雄A『81歳いまだまんが道を』。

 いまBS12でむかしのNHKドラマ「まんが道」をやっている。この主人公が

 藤子不二雄Aで楽しみにしている。わたしはどちらかというと藤子・F・不二雄

 より藤子不二雄Aのほうが好きなようだ。「怪物くん」なんか貸本で読んだなあ。

 この本もきょうから読みはじめました。中公文庫の巨匠漫画家自伝シリーズ

 なかなかです。

 

あまりじゃないか!

・昨夜7時のNHKニュースで「平成の最後になにを食べるか」

 なんてやっていて、ほかに伝えるべきニュースがあるだろうと

 いかっていた。朝刊のテレビ欄みてびっくりしました。

 民放はまだしもNHK総合。きょうはテレビ見るのお休みします!

横山秀夫 『ノースライト』

・いくつもの点と点が線になってつながって物語が

 見えてくるのは小説としてはあたりまえなのかも

 しれないが、それにしてもひとつひとつのキーワード

 のふくらませかたが見事。それに加えてこれでもかこれでもか

 と加速する展開。

・水玉ちゃんにススメてもらった前作『64』にもおとらない

 傑作です。

 

ノースライト

ノースライト

 

 

 

神社のこと

・山歩きで通る神社にいつのまにか常設の輪くぐりができている。

 ここだけではないがどこに行ってもお守りが多種多様に増えたし、

 おみやげコーナーまでできたところもある。神社がパワースポットと

 呼ばれるようになってから変わってきたように思う。

大崎善生 『聖の青春』

・ほんといまの内閣「ふろやのおけ内閣」ですね。

・さて、年末から将棋に関する本ばかり読んでいます。

 

 

・そして大崎善生 『聖の青春』。これは400ページもあったけど一気読み。

 どれも面白いなあ。『大山康晴の晩節』を読んだら、升田幸三のことが

 知りたくなって。升田幸三を読んだら坂田三吉を知りたくなった。けど

 なにを読めばよいのか。バンツマの映画は観てます。

・この『聖の青春』を読んだら、小池重明を知りたくなった。これは、

 団鬼六の文庫がありますね。ははは、ほんと将棋倒しのようです。

 

聖の青春 (講談社文庫)

聖の青春 (講談社文庫)

 

 

 

本田靖春 『誘拐』

・ことしは冬が暖かかった。外水道がいつもなんどかは凍るのだがことしは一度も凍る

 ことがなかった。その分といったらなんだが春が寒いように思うのはわたしだけだろ

 うか。

・学生のころ本多勝一と並ぶジャーナリストが本田靖春だった。けれど著書は読んでい

 なかったなあ。

 

誘拐 (ちくま文庫)

誘拐 (ちくま文庫)

 

 ・ノンフィクションでありながら、あたかも小説を読んでいような感じ。

 でも、いまの時代ここまで加害者の家族だけでなく、被害者の家族にしてもここまで

 個人情報をさらしてもよいものだろうか。

・でも、その部分がなければこれだけの力作はできなかった。