岡崎武志/古本屋ツア―・イン・ジャパン編著『中央線古本屋合算地図』(盛林堂書房)

・いやあ、この地図はいくら眺めていてもあきないわ。

・昭和30年以降、新宿から八王子までの古本屋が駅ごとに地図に収められている。       「あ、あそこにあったな」とか「あそこであの本買ったな」などあたまのなか

 を駆け巡っている。

・一番古い中央線の古本屋の記憶は、荻窪の教会通り。地図には3軒の古本屋が記載

 されている。4軒あったような気もするが。1982年ぐらいかな、当時井伏鱒二

 好きで、井伏の家を探しに行った帰りに深沢書店支店で二見書房サラ文庫の

 つげ義春5冊揃いを1,500円で売っていて迷ったんだ。確かこのうち2冊は持って

 いた。当時でもサラ文庫のつげ義春は珍しかった。それで買わずに帰ったのだが、

 気になって後日また店に行ったらなかったという古本はその時買わなくては

 いけないというパターン。

・この地図に載っていない古書店で気が付いたのが東小金井「ボヘミアン」。

 2009年だったかな開店して半年ぐらいで閉めてしまった。面白い本屋で、店の

 ショーウインドーに張り紙が貼ってある。「誰も買取りの本を持ってきてくれない」 

 とか。ストレートに自分の心情を吐きだしている。閉店するころは「辞めるったら、

 辞めてやる」と貼り紙してあった。ちょっと変だけど本の品ぞろえはよかった。

 この古本屋のことは北原尚彦さんが取り上げていた。

・北原さんの文章で思い出したのは、国分寺の「古い商業施設のようなところ」の

 古本屋。ここでは永島慎二傑作集 漫画のおべんとう箱 4巻揃いが4,000円だった。

 これも迷ったのだがちょっと状態がよくなかったので買わなかった。それにしても

 北原さんの中央線古本屋探訪は記憶力といいすごいな。

・あともうひとつは国立。駅南口から西国分寺よりのガードをくぐってすぐのところに

 古本屋があった。本棚というか背の高いスチールのラックに本を並べていたのを

 覚えている。ここのお店のことはギャラリービブリオの十松弘樹さんが書いていて

 「にんじん書房」という名前だったことがわかった。これもさすが国立の生き字引

 十松さんである。

・岡崎さん、古ツアさんの古本屋、中央線の愛が詰まった本であります。

・まだ盛林堂の通販で買えるようです。

seirindousyobou.cart.fc2.com

 

 

一箱古本市、終わりました

・4月30日、不忍ブックストリート一箱古本市は終了しました。

・午後からの助っ人なので、ゆっくりの朝でした。それでも

 3年ぶりのお祭りなので興奮を抑えられず早めにでかけました。

・いつもなら一箱の朝は田端のタリーズなんだけど、今回は

 上野のドトールで珈琲を一杯。上野のお山下の通りを行くと

 人でにぎわう横丁が見えてきた。会場のHOTEL GRAPHY NEZUだ。

・なんにんもの知り合いと目が合う。最初はテレがあったが、すぐに

 むかしの感覚に戻るのはうれしい。

ミランフ洋書店さんがツイッターでつぶやいていたが、

本の箱をはさんで、店主さんとお客さんが楽しげに話しこんで

いるのを見て、「ああ、これだよ!」と幸せな気持ちになりました。

   ほんとそんな風景が広がっていて見ているだけで微笑む。

・とみきち屋さんで『60年代新宿アナザー・ストーリー 』

 を購入。これはとみきち屋さんがツイッターで紹介して

 いたので狙っていました。

        * 

・なんとなく路地をまっすぐ歩いていくと不忍通りにでた。

 タナカホンヤに顔をだす。ここも久しぶり。タナカさんに

 挨拶。変わらないなあ。ここでスズキさんに会う。いつも

 古本市の常連。一箱でこのひとに会わなくっちゃ。

        * 

・12時なので「根津 松島」でチャーシューメンを食べる。

 やはりここの醤油ラーメンは大好き!

・忠綱寺に着く。実行委員のみづほさんやとも吉さんが

 入場制限の行列をさばいている。

・13時になり、松下さんに交代して会場である本堂への入場

 かかり。なかの状況を見ながら入場を制限する。結構これが

 ムズカシイ。しのばずくんの縫いぐるみを撮影していく

 ひとも多い。

・そとでは2箱。旅猫雑貨店さんにあいさつ。

 「やまがらさんに見せたい写真集があったんだけど

 すぐに売れちゃったわ」とのおことば。残念。

・本堂の風景。広くてゆったりできる。天候不順なGW

 だがきょうはよく晴れてくれた。

・2階は畳敷き。これもまたいいね。交代して

 2階の担当。

・神山堂さんから2冊購入。いずれも店主のおススメ。

・可惜夜書房から1冊。ジャケ買い。題名もいいね。

・恒例の勝手にやまがら文庫賞は「可惜夜書房」に 

 決定。なんたって店名が読めない。あたらよ、と

 読むそうだ。明けてしまうのが惜しい夜、という

 意味だそうだ。まだまだ知らないことがありますね。

・「可惜夜書房」のテーマは「眠れぬ夜は、本をひと匙」

 なんともいまの自分にピッタリではないか。すいません、

 賞品はありません。

        *

・終わって片づけをして、帰りに古書ほうろうに寄る。

 打ち上げがない。酒を飲まずに帰るのははじめてだ。

 来年は通常に戻って欲しい。

・やはり一箱は楽しい。独特の高揚感があり、みんなで

 それを共有できるのがいいな。44人の知り合いと

 はなしができた。こんなに多くのひととはなしをするのも

 3年ぶり。さて来年は店主をしたいと思っています。

 

永島慎二雑記102 「1954年初夏」

藤子不二雄Aさんが亡くなられた。

f:id:heno3ban:20220408200831j:plain

永島慎二が描いた藤子不二雄

永島慎二が描いた藤子不二雄

・1954年初夏に雑司が谷並木ハウス永島慎二藤子不二雄Aが 

 手塚治虫のお手伝いをする。同時に宮城県に居た石ノ森章太郎が呼ばれて

 別の場所で手塚治虫のお手伝いをしている。この時石ノ森は高校一年生で

 手塚とは初対面。

         *

赤塚不二夫はインタビューで語っているのだが、手塚に呼ばれたことがなく、

 みんながお手伝いにいくことがとてもうらやましかった。もしも先生が

 生きていて、ぼくに手伝って欲しい、って言ってくれたら、どんな仕事

 でも手伝っちゃう……。

         *

・高1で手塚に呼ばれた石ノ森と呼ばれたことのない赤塚。

         *

f:id:heno3ban:20220408200830j:plain

手塚治虫が描いたトキワ荘の面々

手塚治虫が描いたトキワ荘の面々。輪の外にいるのが赤塚不二夫

 手塚は赤塚をどのようにとらえていたのだろう。

        *

・小さなころ読んだ漫画の記憶はほとんどないけど、駅前の貸本屋

 で「怪物くん」を借りたことだけは覚えている。合掌。

小野和子『あいたくてききたくて旅にでる』(PUMP QUAKES)

 

・最近知ったのだが、江戸明治に生まれた落語を「古典落語」といい

 大正時代以降の落語を「新作落語」というのだそうだ。勝手に戦後できた

 落語が「新作落語」だと思い込んでいた。

・小野和子『あいたくてききたくて旅にでる』を読了!

 民話も桃太郎や花咲じいさんのような古い昔ばなしだけが民話だと

 思い込んでいた。この本を読んでそうではないことがいまごろに

 なってわかった、とは情けない。

         

・この本を読んだきっかけはNHK Eテレ「こころの時代 ほんとうを探して」

 という番組を見たから。小野和子さんの宮城県内を歩いて民話を探訪する

 姿は宮本常一に見えてきて興味がわいた。

         

・すぐにこの本が欲しくなって、ふと思い出したのが、仙台の本屋「button」の

 オンラインサイト。あそこならあるだろうと思ったら的中した。

f:id:heno3ban:20190724153757j:plain

仙台 button の実店舗

         

・この本で民話のイメージは変わった。はなしは生活環境が反映されている。

 姑から逃げられない嫁さんとか。子供のいない年寄夫婦のはなしは身に

 つまされる。戦争や災害など厳しい現実が背景にあって生まれてきた民話

 もあるとは。

・そういう民話を聞かせてもらう小野さんの立ち位置も考えさせられる。

調子よく「味方」という言葉を口にしないところに自分を置いて、そこから

ものを見ていきたいと思っているのだ。

・都会からきた学者風でなく、しゃべり手の立場を深く考えているから

 民話を聴きだせるのだ。

・「オオカミのまつ毛」のはなしもいいなあ。こころを鎮めるちからが

 民話にはあると。水上勉「現代民話」のはなしは、あっと思わせて

 くれた。民話は作られたものだけでなく真実も隠れていると。

         

・この本の最後にはあの濱口竜介監督も文を寄せている。

小野さんは繰り返し、「聞く」とは古い自分を打ち捨てていくこと、

自分自身を変革することなのだと言われました。

 というのが印象に残る。

濱口竜介監督のプロフィールのなかに著書「カメラの前で演じること」に

 小野和子との対話が詳細されているとある。なんてこった、この本は

 持っていたのだが読まずに売ってしまった。それもサイン入り、とほほ。

         

f:id:heno3ban:20220402123825j:plain

東北記録映画三部作<記憶の蔵>上映会パンフ

・もうひとつとほほのはなし。2015年に東北記録映画三部作を千駄木

 記憶の蔵で上映会があった。わたしも「なみのこえ 新町編」を見ていて

 このとき濱口竜介監督のあいさつもあったのだが、なんと小野和子さんの

 映画「うたうひと」を酒井耕・濱口竜介共同監督で撮っているのだ。

 その上映にあたって小野さんの講演をやったとは。もっと早くに小野さんを

 知っていれば、残念です。映画「うたうひと」はいずれ見たいものです。

・だらだらと書きましたがこの本はことしのわたしにとってのベスト本です。


 

 

大竹聡『酔っぱらいに贈る言葉』(ちくま文庫)

 

・わたしなりに酔っぱらいの書いた面白い本って、

 なにがあったかなあと考えていたところ、ばったりと

 この本で出合ってしまった。

・考えてみたら大竹さんの本はその代表格。その方が

 書いた酔っぱらいの言葉集だもんね。

         *

・ちなみにわたしがセレクトしていたのは、

山口瞳『酒呑みの自己弁護』

なぎら健壱『酒にまじわれば』

滝田ゆう泥鰌庵閑話』

・大竹さんだったら『中央線ホッピーマラソン』かな。

         *

大竹聡『酔っぱらいに贈る言葉』(ちくま文庫)読了!

・紹介されているのは49人。有名人だけでなく、出会った

 酔っぱらいの一般人まで入っているのが大竹さんらしい。

山口瞳なぎら健壱は、わたしと一緒のセレクトでうれしい。

 滝田ゆうは漫画だから外れたのかな。赤塚不二夫が入って

 いないのはさみしい。

          *

・このなかでなぎら健壱高田渡はステージをみているし、

 平松洋子さんは酒場でおみかけした。著者の大竹さんは、

 古書ほうろうでのトークショーでもつ煮をいっしょに味わった。

中原蒼二さんは、不忍ブックストリート一箱古本市に店主と

 して参加してくれた。わたしは助っ人として中原さんとけっこう

 長くいっしょにいてはなしをたくさんしているのだが、なにを

 はなしたのか覚えていないのはいまとなっては残念。水族館劇場

 のことはまだよく知らなかったし、鎌倉の立ち飲み「ヒグラシ文庫」

 を始める前。箱のなかに並べられていた本は、人文系の厚い

 本ばかりで難しそうであった。

・問題は野坂昭如荻窪のいつも行く定食屋でカウンターのはじに

 座ったら、反対側のはじでさしみをさかなにして徳利を傾けているひと

 がいた。横顔をみて、あれっ、と思った。野坂昭如は杉並区に住んで

 いるのでいてもおかしくはないが、本人だったのかどうか。

・まあ、そんなことがあったとさ。

長谷川町子『サザエさん うちあけ話』

 

・毎朝BSPでの「マー姉ちゃん」再放送を楽しみに見ています。

 「サザエさんうちあけ話」がその原作。先日、深谷の須方書店で

 見つけて購入。やはりサザエさんは面白いと再認識。