吉川潮 『芸人の了見』

国境なき医師団の中村医師がアフガニスタン

 殺害された。どうしてこうもこれからの日本に

 必要な人が亡くなってしまうのだろう。残念です。

吉川潮 『芸人の了見』(河出書房新社)読了!

・このなかで「カタカナ芸人の連中はだいたい師匠がいない」

 と指摘している。吉本の芸人を指しているのだが、いやあ

 まったくその通りだな。だから漫才ででてきてもテレビに

 出てくると漫才を辞めてタレントになってしまっているよう

 思う。まあ、自分に興味がなくて生で観てないからなんとも

 いえないが。すごい漫才があるかもしれないが「師匠という

 バーを越えて」という経験はどうしたってないよな。

・その点やっぱりナイツだね。

 

芸人の了見

芸人の了見

 

 

 

 

和田誠 『銀座界隈ドキドキの日々』

・先日の川口ブックマーケットにてモンドブックスで購入。

 むかし持っていたのに読まずに一箱で売ってしまった。

 こういうことはよくあること(反省しています)

和田誠が亡くなってこの文庫が妙に読みたくなっていた

 ところでした。

     *

・60年代はまだのびのびとした明るさがあった時代だった

 のだなあと、つくづく感じました。

・出てくる人物がいまとなっては著名人ばかりでその人々の

 駆け出しのころの交流が書かれているのだから、

 おもしろくないはずはない。

     *

和田誠のいたライトパブリッシングのライバルである

 日本デザインセンターのデザイナーから聞いたはなし。

 新人のころは早めに出社して先輩デザイナーたちの机を

 掃除して鉛筆を削ることが日々のはじまりだったと。

 そんなことを思い出した。

 

銀座界隈ドキドキの日々 (文春文庫)

銀座界隈ドキドキの日々 (文春文庫)

 

 

 

柚月裕子 『盤上の向日葵』

柚月裕子 『盤上の向日葵』(中央公論新社)読了。

 いやあ、563ページ。読み応えあり。

NHKのテレビドラマで先日ちらっとみて、あっこれは

 原作を読まなければと。ミステリーだから追う人と

 追われる人がいるんだけどそれぞれを章にわけて進行していく

 というのはなかなかおもしろいな。

 

盤上の向日葵

盤上の向日葵

 

 

千石ブックメルカード 一箱古本市 in 千石

・「千石ブックメルカード 一箱古本市 in 千石」

 日時:10月20日(日)13時~17時(雨天決行)

 場所:童心社、風のやすみば、千石たまご荘、文京子育て不動産の4ヶ所

https://www.facebook.com/events/2281303025455619/


*「やまがら文庫」は風のやすみば(文京区千石4-5-2)

https://loco.yahoo.co.jp/place/g-zvrGyLd9rhE/map に出店します。

久しぶりなので気合いの一箱になりました!

f:id:heno3ban:20191003220530j:plain

 

高峰秀子 『人情話 松太郎』

・本を欲している。ことばを欲しているというべきか。

 そんなとき高峰秀子は乾きをいやしてくれる。

・この本は妻三益愛子を亡くした85歳の川口松太郎

 高峰秀子がインタビューしておこしている。ただ、

 会話を載せているというのではなく、そこは高峰秀子

 あって、自分のことなどもはさみながら進んでいく。

 ここらへんがうまいなあ、と思う。

高峰秀子 『人情話 松太郎』(ちくま文庫

 

人情話 松太郎 (文春文庫)

人情話 松太郎 (文春文庫)

 

 ・写真は文春文庫です。

山田詠美 『吉祥寺デイズ』

山田詠美のエッセイは安心できるんだよ。学年はひとつ上に

 なるけど生まれ年はいっしょ。「そうそう」とか、「わかるよ」

 とか。もう、読みながらウナヅイテばかり。たとえば、

<<

「西丸震哉という学者が “41歳寿命説” を唱えました。昭和34年以降

 生まれは早死にするというのです……添加物にまみれた子供時代を

 送りましたが、まだ元気です。」

>>

・この本、読みましたよ。そりゃチクロ世代ですからねえ、毒を食べて

 大きくなったのでしょうが。でもわたしのまわりの同年代も41歳で

 亡くなったものはいませんでした。

・「藤子不二雄A派」っていうのもわかる。これに関しては以前このブログ

 で書いたことあるけど。オバQ藤子不二雄世代なので、ドラえもん

 読んだことない世代なんだよ。大人になって笑ゥせぇるすまんだよ。

・それに60年代、70年代、80年代を知っているというのは大きいよ。

 

 

 

 

団鬼六 『真剣師 小池重明』

大崎善生の本などによくでてきて気になっていた

 小池重明。いやあすごい人物だな。破滅型のアウトロー

 将棋はめちゃくちゃ強い。

団鬼六だからつやっぽいところもあり。うーん読ませるな。

 初めての団鬼六でもある。

・なんどもいうけど棋士は外れた人物のほうがおもしろいわ。

 あとは坂田三吉ともうひとつ読みたい将棋本があるんだが。