今井金吾『今昔中山道独案内』(日本交通公社)

 

 ・先日、五街道を歩いたという友人と中山道のはなしになって、

 「今井金吾の『今昔中山道独案内』はバイブルだよな」と言って

 いた。わたしも同感である。

・江戸時代の古地図と国土地理院の2万5千分の1図を載せて、

 貝原益軒や太田蜀山人中山道道中記を引用文献として、さらに

 著者が実際に歩いて見たことだけでなく、綿密に調査したであろう

 ことが書かれている。

・昭和51年(1976年)の本だから、国土地理院の地図もし、著者の

 情報も古いのだが。いまでは跡形もない江戸時代の建物が残って

 いたりして、あー残念と思ってしまうこともたびたび。

          *

中山道に興味がわいたのは、もちろん宿場町である浦和に住んでいた

 ということなのだが、中学1年生のころ妻籠宿の写真が国鉄

 「ディスカバージャパン」のキャンペーンポスターになっていて、

 それこそ江戸時代にタイムスリップしてみたいと思ったのがはじまり。

・冬にSLの写真を中央西線に撮影しに行く帰りに妻籠宿に寄った。

 U君と一緒だったが人生初の一泊旅でした。

          *

・昭和53年の夏にサークルの合宿で北海道に行くことになっていて、

 その体力づくりに日本橋から浦和まで歩いた。途中いまでいう熱中症

 なりかけて28キロを歩いた。

・昭和55年の2月にこの本を買っている。もう一度木曽に行ってみようと

 思ったからでこの本をパックフレームのザックに入れて奈良尾から鳥居峠

 妻籠から中津川、岐阜県御嵩まで旅した。

          *

・最近、秩父の低山歩きをしていたのだが、コロナ禍で秩父に行くことが

 ためらわれてどうしたものかと考えていて、そうだせっかくだから

 目の前にある中山道を歩いてみようと。

・とりあえず自分の住んでいるところから一駅づつ大宮まで。それが終わると

 今度は高崎まで。この本のコピーを取って街道歩き。

・これが思いのほか楽しかった。神社仏閣だけでなく、こんなところにうどん屋

 があるとか、古墳は血が騒いだ。

芭蕉の句碑が結構あるんだが、芭蕉が訪れて句を詠んだわけではなく、芭蕉

 愛好家がその地の情景にあわせて芭蕉の句を選んで建てているのが多いようだ。

・当時としたら歩いて旅するひとも「おっ、こんなところに」と思っていたんじゃ

 ないだろうか。それで街道沿いに句碑が建っているのだとも思う。

          *

・その岐阜県中山道を歩いたとき、西行の墓や和泉式部の墓に出くわしたことが

 ある。なんでこんなところにと思ったのだが、この本によると西行の墓は室町時代

 に作られた供養塔であると。和泉式部の墓は伝承が残っているのだが、他の地にも

 和泉式部の墓があってどれが本物かはわからないと書いてある。これも歩いて

 旅するひとの興味を誘い、お参りをしたりしたのだろう。まあ、この本にそういう

 ことは詳しいのだが、なんで中山道沿いにこういうものが多いのかみたいなことに

 特化した本はないものだろうか。あったら是非読んでみたいものだ。

 

山下賢二『喫茶店で松本隆さんから聞いたこと』(夏葉社)

山下賢二『喫茶店松本隆さんから聞いたこと』(夏葉社)

 を読了!

・すぐに読んでしまった。歌詞制作の背景とか、生き方とか、

 著者が引き出して書いてある。松本隆がリラックスしてはなして

 いるようで著者との距離の近さを感じる。

・それにしても夏葉社の島田さんは、「ああ、読みたい!」という

 本を次々と出してくるなあ。

・この本、Twitterで評判が上がっていたので買おうと思って

 浦和の紀伊国屋書店に行ったんだが見つからず、検索機でもヒット

 しなかった。行田の忍書房まで行こうかとも思ったが家から5キロの

 距離。梅雨のなかで自転車に乗れず断念して古書西荻モンガ堂の

 富永さんに電話して送ってもらいました。

 

 

日々のこと24ーむんじゅるくもこちゃん

www.youtube.com・音の台所さん、ユーチューバ―デビューです。

 題して「むんじゅるくもこちゃん」。まだはじまったばかりですが、

 どのように進んでいくんでしょうか。これからがたのしみ。 

oto-kitchen.com・「むんじゅるくもこちゃん」とは、こちらで解説されています。

・それにしてもマルチな活動されている音の台所さん。近年は

 音楽紙芝居だけでなく絵本やCDも出しているし、ユーチューブは

 あっているかもしれない。

 

日々のこと23ー自分の居場所

・6/16毎日新聞朝刊「ナビゲート2021 生活蝕む過剰自粛」

 と題して浜崎洋介さんが書いている。

mainichi.jp・コロナ禍の自粛過剰で一番蝕まれているのは「サードプレイス」

 (第3の場所)と呼ばれる場所だと。自宅(第1の場所)、

 職場・学校(第2の場所)とは別の人々が目的中立的に集まれる

 場所。具体的には居酒屋。

・うん、わたしに取っても必要な場所であるのに行けない場所だね。

 コロナ禍ののちに失われてしまったらあぶない社会が来ると警告

 している。

          *

・「THE BIG ISSUE Vol.409 特集ひきこもりアップデート」のなかの

 鼎談でも同じようなことが言われている。

www.bigissue.jp・ひきこもりの人に必要なのはこの「サードプレイス」で、居場所

 という名前になっているけど、苦しんでいるひとが安心できる場所。

・それがコロナ禍でさらに求められていると。前向きな事例も書かれて

 いるので興味のあるかたは読んでみて。

          *

・自分にとっても自宅や職場に居たくないことはあるわけで、それは

 喫茶店、居酒屋、古本屋だね。どれもいま苦しい場所だなあ。やはり

 なくならないで欲しい。

なぎら健壱『関西フォークがやってきた!-五つの赤い風船の時代』(ちくま文庫)

・若いころよく北海道を旅していた。旅先で出会ったひとから

 なにかと影響を受けて帰ってくることがある。長万部駅で野宿

 したときは、同じような一人旅三人と雑談していたら3人とも

 植村直己の大ファン。そのころわたしはそんなに植村のことを

 知らなかったのだが、帰ってきて『青春を山を賭けて』を

 読んだらはまってしまった。

富良野のキャンプ場では二人のバイク乗りキャンパーとはなしを

 したら、そのころ始まったドラマ「北の国から」を見て富良野

 に来たとのこと。見たことなかったのだが、いしだあゆみ

 と蛍のあの富良野駅の別れの場面で泣いてしまうありさま。

 (いまでもあの場面は泣けます!)

ユースホステルに泊まることは軟弱と言われていたのだが、野宿ばかり

 していると疲れてきてたまにはユースホステルに泊まっていた。積丹カムイ

 YHに泊まったときのこと。例のミーティングでの自己紹介。だいたい仕切って

 いるのは関西人であって関東人を敵対視しているから、なんだか忘れたが

 いちゃあもんが付けられて不愉快な気持ちに。そして最後は五つの赤い風船

 の「遠い世界に」の合唱。これはどこのYHでもお決まりだったような気がする。

 あのころはまだ歌声運動の影響が残っていたのだと思う。

・それにしても不愉快な気持ちになったのに旅から帰ってきたら、「遠い世界に」

 が好きになっていた。五つの赤い風船はもう解散していたのでリーダーである

 西岡たかしのコンサートに行った。東京労音会館ではゲストがメンバーだった

 ベース長野隆。「めしや」はよく覚えているなあ。もう1回は岡林信康との

 ジョイント。新宿厚生年金会館の最前列。もうそのころ岡林は、違う方向に行き

 始めていたので「チューリップのアップリケ」ぐらいしか知っている曲は

 やらなかった。このときの西岡たかしの印象は薄いなあ。

・そして2012年の江東フォークフェスティバルでの新生風船。

 そのときのことはこちらの過去のブログで。

heno3ban.hatenablog.com

なぎら健壱関西フォークがやってきた!-五つの赤い風船の時代』

 (ちくま文庫)を読了!なぎらが西岡たかしのインタビューをもとに

 書いている。なかなか貴重ではないか。イントロで高田渡の葬儀に

 来るシーンがよいなあ。

 

 

永島慎二雑記101 山岸長一郎

・NHKBSで朝ドラ「あぐり」が再放送されている。美容室あぐり飯田橋ブックオフ

文鳥飯田橋店と言ったほうがよいか)の裏の突き当りのビルの4階ぐらいにあった

 よなあ、なんて思い出していたが、記憶違いのようでした。でもどこかで見た。

・なかなかコミカルでエイスケの回りは梁山泊のようだ。そのなかで森本レオが、

 エイスケの友人で森という役ででている。草笛光子が文芸雑誌を出すのだが、資金

 先に行き詰りエイスケ達が資金を集めて持ち寄り、一番金に縁がないと思われている

 森本レオが遅れてやってきてポンと大金を出す、という場面。あれ、これは永島慎二

 『黄色い涙』の山岸長一郎ではないか。もしくは夜来狂一!

・そうか、森本レオは『黄色い涙』のイメージで演じているからなんか生き生きして

 いるのか。

          *

・2017年6月10日にそろそろ「永島慎二雑記」を書いてみようなどといいながら、4年

 も経ってしまったわ。

 

黄色い涙

黄色い涙

Amazon

 

高田渡写真集『高田渡の視線の先に-写真擬-1972-1979-』

高田渡の写真集が出るという。以前このブログで

 「高田渡の写真集でないかなあ」と書いたことがある。

高田渡の自伝「バーボンストリートブルース」(ちくま文庫

 の写真がモノクロでどれもよくて。写真のセンスが

 あるなあ、って思っていた。

www.rittor-music.co.jp

 

高田渡の視線の先に-写真擬-1972-1979-

高田渡の視線の先に-写真擬-1972-1979-

  • 作者:高田 漣
  • 発売日: 2021/04/16
  • メディア: 単行本
 

 ・ちょっと高いんだけど、ここのところ本買ってないからね。

  桶川の丸善まで行かないと売ってないかな。